Wanna One(ワナワン)

【読み方・歌詞・和訳】感動の解散曲!春風Spring Breeze(スプリングブリーズ)Wanna One(ワナワン)

春風Spring Breeze(スプリングブリーズ)とは

2018年12月31日をもって解散が決定している彼らの最後のグループ活動となる曲です。

歌詞の内容はまさにこれまでWanna One(ワナワン)を応援してくれたファンへのメッセージといった内容。

これまでの応援への感謝と、未来にむけた前向きな想いが溢れる名曲です。

韓国の国民的アイドルWanna One(ワナワン)の初のフルアルバムである、ラストアルバムでもある「1¹¹=1 (POWER OF DESTINY)」のタイトル曲。

 

国民的アイドルWanna One(ワナワン)

韓国の人気オーディション番組「PRODUCE 101 Season2」から誕生した11人組男性アイドルグループ。

最終メンバーが決定した最終回の生放送は、世代別視聴率で10代~50代全ての世代で1位を獲得するなど国民全体の関心を集め社会現象となりました。

2017年にデビューし、同年のあらゆる新人賞を総なめ。

2018年1月の「ソウル歌謡大賞」では本賞を受賞するなど、デビューするなりトップアイドルとして活躍しています。

 

春風Spring Breeze(スプリングブリーズ)PV/MVのストーリー・意味

これまで応援してきたファンにとっては見覚えのあるものたちばかり!

これで本当にラストなんだな・・と実感がわきますねTT

まずはミニョンが握っている指輪

同じくファンへのメッセージが込められた曲「I.P.U(アイ・ピー・ユー)」にも登場します。

プデュ時代を思い出さずにいられない腕相撲

ソンウンが持っているのはカート。デビュー曲「Energetic(エナジェティック)」ではカートの乗って遊ぶメンバーのシーンがありましたよね。

ダニエルが扉を開けようとしているシーン

 

「Beautiful(ビューティフル)」のMVにも同じシーンがあります。

そしてラストのソンウが持っているのはテープ

こちらはデビュー曲で登場するテープです。

違いがわかるでしょうか?

デビュー曲ではまだ再生されていなかったテープが、今はちょうど半分まで進んでいます。

まるで「∞」無限を表すかのように・・

Wanna One(ワナワン)の過去とこれからを表現したようなMVで、何度見ても飽きません。

ぜひMVに散りばめられたWanna One(ワナワン)の思い出を拾い集めてみてください!

春風Spring Breeze(スプリングブリーズ)の歌詞・和訳・読み方・発音・かけ声(応援)

赤はかけ声

青は一緒に歌う

ゆんじそん はそんうん ふぁんみにょん おんそんう
윤지성 하성운 황민현 옹성우

きむじぇふぁん かんだにえる ぱくじふん ぱくうじん
김재환 강다니엘 박지훈 박우진

べじにょん いでふぃ らいぐぁんりん うぉのうぉん
배진영 이대휘 라이관린 워너원

ぼんばらみ じなど よんうぉに ぎおっけ
봄바람이 지나도 영원히 기억해
(春の風が過ぎても 永遠に忘れない)

のわ ねが まんなそ
너와 내가 만나서
(君と僕が出会って)

うりが どぇん ごん ぎじょっ
우리가 된 건 기적
(僕らになった奇跡)

た っくみん ごんまん がった
다 꿈인 것만 같아
(全てが夢みたいだ)

ぬん がまど
눈 감아도
(目を閉じても)

そんみょんはげ ぼよ
선명하게 보여
(はっきりと見える)

と じゃれじゅじ もって
더 잘해주지 못해
(もっと良くしてあげられなかったかな)

ちゃっぐまん ふふぇが どぇ
자꾸만 후회가 돼
(後悔してばかり)

ね まむん ぐげ あにんで
내 맘은 그게 아닌데
(僕の気持ちはそうじゃないのに)

ぬる がっち いっこ しっぷんで
늘 같이 있고 싶은데
(いつも一緒にいたいのに)

きん とのるん じな
긴 터널을 지나
(長いトンネルを抜けて)

ばるぐん びちゅる ぼるって
밝은 빛을 볼 때
(眩しい光が見えたとき)

はむけ ぬっきょっとん ったっとぅたん ぎおっどぅる
함께 느꼈던 따뜻한 기억들
(共に感じた 暖かな記憶たち)

ぬる ね ぴょに でお
늘 내 편이 되어
(いつでも君の味方になるよ)

なる びんなけ まんどぅろ じゅどん
날 빛나게 만들어 주던
(僕を輝かせてくれた)

く みそ ぐ ぬんむる Uh
그 미소 그 눈물 Uh
(その笑顔 その涙)

なる ぶろじゅどん もくそり
날 불러주던 목소리
(僕を呼んでくれた声)

ぐぃる じゃっぬ めむどるげっち
귀를 자꾸 맴돌겠지
(耳元に何度もこだまする)

まじゅ ぼどん そろえ ぬんびち
마주 보던 서로의 눈빛이
(見つめあった眼差し)

くりっけっじまん
그립겠지만
(恋しくなるだろうけど)

さらん そるれむ ちょっ ぬっきむ そんみょんひ なま
사랑 설렘 첫 느낌 선명히 남아
(愛のときめき 初めての感覚 鮮やかに残る)

うり だし まんな うぉのうぉん
우리 다시 만나 워너원
(また会おう ワナワン)

ぼんばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

ふぁなげ うするけ やくそっけ
환하게 웃을게 약속해
(明るく笑いかけるよ 約束する)

ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

うり だし まんな うぉのうぉん
우리 다시 만나 워너원
(また会おう ワナワン)

ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

はんぼん ど あなじゅるけ はむっけへ
한 번 더 안아줄게 함께해
(もう一度 抱きしめてあげる 一緒に)

ぼんばらみ じながみょん くってらみょん
봄바람이 지나가면 그때라면
(春の風が過ぎたら その時には)

みあん みあん
미안 미안
(ごめん ごめん)

ぬる ばっきまん はん ごっ がったそ
늘 받기만 한 것 같아서
(いつも貰ってばかりで)

こまうぉ ごまうぉ
고마워 고마워
(ありがとう ありがとう)

あるむだうぉ じょそ
아름다워 줘서
(美しくいてくれて)

とん びん ね まむる のん どぽ
텅 빈 내 맘을 넌 덮어
(空っぽな僕の心を君は覆った)

かどぅっ のろ ちぇうぉ じょそ
가득 너로 채워 줘서
(いっぱいに 君で埋めてくれた)

ちちん ねげ そぬる ねみろ
지친 내게 손을 내밀어
(疲れた僕に手を差し伸べて)

のまに なる すむ すぃげ まんどぅろ
너만이 날 숨 쉬게 만들어
(君だけが 僕を生かしてくれた)

いじぇん めいるめいる せんいる Birthday
이젠 매일매일 생일 Birthday
(今では 毎日が誕生日 Birthday)

なん せろ ておなん ちぇろ Up
난 새로 태어난 채로 Up
(僕は新しく生まれ変わったまま Up)

ぬる ね ぴょに でお
늘 내 편이 되어
(いつでも君の味方になるよ)

なる びんなげ まんどぅろ じゅどん
날 빛나게 만들어 주던
(僕を輝かせてくれた)

く みそ く ぬんむる Uh
그 미소 그 눈물 Uh
(その笑顔 その涙 Uh)

いくすっかん のえ もすび
익숙한 너의 모습이
(見慣れた君の姿が)

おっちょみょん びょねがげっち
어쩌면 변해가겠지
(もしかしたら 変わっていくかもしれないけど)

まじゅ ぼどん うりえ ぎおぐん
마주 보던 우리의 기억은
(向かい合った僕らの記憶は)

ちぐむ いでろ
지금 이대로
(今 このままで)

さらん そるれむ ちょっ ぬっきむ そんみょんひ なま
사랑 설렘 첫 느낌 선명히 남아
(愛のときめき 初めての感覚 鮮やかに残る)

うり だし まんな うぉのうぉん
우리 다시 만나 워너원
(また会おう ワナワン)

ぼんばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

ふぁなげ うするけ おんじぇな
환하게 웃을게 언제나
(明るく笑いかけるよ いつだって)

ぼんばらみ じながみょん くってらみょん
봄바람이 지나가면 그때라면
(春の風が過ぎたら その時には)

どぅりょぷち あな
두렵지 않아
(怖くはない)

そろえ まうむる じゃらら
서로의 마음을 잘 알아
(互いの気持ちを よく分かってるから)

こっちょんはじま ぐ ぬぐぼだ
걱정하지 마 그 누구보다
(心配しないで 誰よりも)

のるらっきにっか
너를 아끼니까
(君が大切だから)

うり だし まんな うぉのうぉん
우리 다시 만나 워너원
(また会おう ワナワン)

ぼんばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

ふぁなげ うするけ よんうぉに
환하게 웃을게 영원히
(明るく笑いかけるよ 永遠に)

ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

た じながみょん
다 지나가면
(全て 通り過ぎたら)

うり だし まんな うぉのうぉん
우리 다시 만나 워너원
(また会おう ワナワン)

ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

ぼむばらみ じながみょん
봄바람이 지나가면
(春の風が通り過ぎたら)

はんぼん ど あなじゅるけ さらんへ
한 번 더 안아줄게 사랑해
(もう一度 抱きしめるから 愛してる)

ぼんばらみ じながみょん くってらみょん
봄바람이 지나가면 그때라면
(春の風が過ぎたら その時には)